和田さん「僕へのヤジは一つしか無かったですからね(笑)楽なもんですよ」