わい「なぁ‥胸当たっとる」彼女「当てとるんやで」