金本「なんて事だ…こうなったら過去の俺に能見を投げさせないよう手紙で伝えなければ」