ゆん「もう、ホンマ甘えん坊やなぁ」