いつのまにか自分が不審者になっていたのが衝撃だった。