卒論発表会の理想と現実