自分の中でギリギリ「ご馳走」と呼べる料理