農民「ヒエが凶作や!」