女姫川、秋月涼の何かに気づく